葬儀の種類

火葬式

故人の意志やご事情により葬儀を行わず、火葬だけを行うスタイルです。ご火葬の前にはお別れの時間もご用意します。費用を軽減でき経済的なご負担が少ないスタイルです。

葬儀を行わないことで、ご親族様との間でトラブルになる場合がございますので、事前によくご相談頂くことをお勧めいたします。

家族葬

ご近所や会社関係に気をつかわず故人の近親者や本当に親しかった友人によって行われるお葬式です。参列者の対応に追われることなくゆっくりとお別れの時間をとることができます。

ただし、参列できなかった方への配慮が必要となります。葬儀後、大勢の方々がお悔みに来られ、その対応に追われ余計に疲れてしまう…というケースもございますので、よくご検討下さい。

一般葬

故人を大切に想っていた方々が集まり、お葬式を行います。形式的なスタイルに捉われがちですが、お客様のご要望をできるだけ反映し、後悔がないように心を込めてご提案させて頂きます。
不要なものは省きその分祭壇を豪華にしたい、参列者との歓談の時間を長く設けたい…ご要望は遠慮なくお申し付け下さい。

社葬

故人の功績をたたえるために、会社と遺族が一体となって追悼するお葬式です。会社の創設者や多大な貢献をされた方、勤務中の事故で殉職された方などが対象となります。

大規模なお葬式になりますので、ゆっくりお別れの時間を設けることができない場合がございます。ご遺族・近親者だけで静かにお別れをしたいとお考えの際は、下記にある密葬を執り行うことをお勧めいたします。

密葬

社葬・団体葬などの大規模な葬儀の場合、準備に時間がかかるため、先にご遺族や近親者だけで火葬まで行うスタイルです。本葬には、ご遺体ではなく遺骨が安置されます。

大規模な葬儀を行う場合でも、ご遺族の皆さまにゆっくりお別れをして頂くための小さなお葬式です。本葬を執り行う方とよくご相談下さい。

教会葬

カトリック・プロテスタントなど教会で執り行うキリスト教のお葬式です。教会に接点がない方でも、わたしたちがご紹介させて頂きます。ご興味がある方は、ご相談下さい。

ご親族の方に違う宗派に属している方がいらっしゃると、トラブルに発展する場合がございますので、充分にご注意下さい。

無宗教葬

仏教・キリスト教・神道のように特定の宗教・宗派にとらわれない自由な形で行うお葬式です。信仰や装飾などの決まりごとはなく、お客様のご要望を優先して葬儀を行います。
近年では、音楽演奏をしたり思い出の写真をスライドショーで紹介したりするなど、お葬式というよりは「お別れの会」といった雰囲気で行われることが多くなっております。

友人葬

僧侶を呼ばず遺族・親族・友人・同志など故人と生前親しくされていた人が主になって行われるお葬式です。

家族葬と同じで、後日参列できなかった方々への対応が必要になる場合がございます。

神葬祭

日本固有の宗教である、神道で行うお葬式です。神社ではなく、他のスタイルと同じように自宅又は葬儀会場を借り、僧侶ではなく神社の神官を呼んで執り行います。

細かいしきたりやマナー等は異なりますが、通夜から葬儀までの流れについては仏式と大きな違いはありません。